サロンで行なうメルマガのコツ(1)

「メルマガ」を知らない人は少ないと思いますが、
いざそれを出すとなると、

・特別に文章力のある人が出すものだとか
・知名度のある人がだすものだとか
・定期的に出し続けなければならないとか、

かなり敷居が高いように感じている人が多いようです。
確かに、私も自分のメルマガを書くときはかなりのプレッシャーです(笑)

でも、サロンにおいてのメルマガというのは
それほど難しく考えないことが重要です。

「メルマガ」という言葉自体が仰々しい感じなので、
【 何人ものお客様に、同時に送るメールでのお便り 】
というふうに考えてみると良いでしょう。

フェイスブックをやっている人。
ブログをやっている人。
ニュースレターをやっている人。

そういう人なら、同じような感覚で書けばきっと出来ますし、
むしろ、やらないと損だと言えるでしょう。

やらないと損だと言える大きな理由は2つ。

・プッシュ型であること
・何千人に送っても料金がかからないこと

ここに尽きると私は思います。

プッシュ型というのは何かというと
「プッシュ=押す、プル=引く」のプッシュ。
こちらから相手に働きかけるもののことをいいます。

フェイスブックやブログというのは、
相手のほうから見に来るものなので「プル型」。
店内に置くPOPもプル型です。

逆に、ニュースレターやメルマガは、
こちらから相手のほうに送るものなので「プッシュ型」。

店を発展させるためには、
このプッシュ型とプル型をうまく織り交ぜて連動させることが大切です。
恋愛と同じですね。
押してばかりでもダメ、引いてばかりでもダメ、ということです。

なぜなら、フェイスブックやブログは、
見ない人も多いからです。

熱心なお客様には、フェイスブックもブログも
隅々まで読んで下さる方もいらっしゃいますが、
そんなありがたい方はほんの一部。
おそらく8割ぐらいの方は、そこまで熱心ではないでしょう。

ところが、
ニュースレターを発行している方は分かると思いますが、
ニュースレターが自宅に届けば、多くの方はそれを見るわけです。

特に宣伝を載せているわけではなくても、
ニュースレタが届いた頃ぐらいに予約の問い合わせがどっと増える。
こういうことはよくありますが、

届く→読む→(感動や喜びを)思い出す→行きたくなる→予約する
という流れですね。

宣伝もしていないし、クーポンを付けているわけでもない。
でも、予約が増えるのです。

このお客様たちは、もしかしたらニュースレターを出していなかったら
予約をしてきていないかもしれません。
ブログにも同じことを書いているのに・・・。

分かりますでしょうか。これが、プッシュ型の強みなのです。
ニュースレターを発行している方はよく分かりますよね。

が・・・

ご存じのとおり、ニュースレターを発行するのはお金がかかります。

印刷代、紙代、封筒代、発送代。
合わせると、うちの場合1通200円以上です。

1000人に送れば、20万円です。

20万円かけたとしても、半年以上来店していない人には
ほとんど響かず、成果にはつながりません。

だからニュースレターは、送る相手を厳選するわけです。
うちのサロンの場合、半年間来られていない方はリストから外します。
そして、売上上位のお客様のみ、7~80名ぐらいに絞り込みます。
そう、毎月、80名ほどの方にしかお送りしていないのです。

では、それ以外の方はどうやってフォローするのか??
それが「メルマガ」なんですね。

ブログも大事です。
フェイスブックも大事です。
ニュースレターも大事です。

それぞれに長所があり、短所があります。
だから、どれかひとつだけでは完璧ではありません。
その短所を補足し合うこと。それこそが、成功の秘訣なのです。

長くなりましたので今日はこの辺りにしますが、
最後にまとめますね。

・サロンのメルマガは難しく考える必要はない
・ブログやフェイスブックと同じように考えればよい
・それぞれの短所を補っていくことが大事
・そうすることで相乗効果で結果につながりやすい

ということです。

次回は、メルマガをやる上で気をつけるべき点について
書いていきますね。
それでは!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る